FC2ブログ

涼を求めて、森吉山 桃洞・赤水周回コースへ

2018年 7月30日          単独行

 厳しい暑さが続くと、沢に行きたくなる。ということで、下界は35度の予報のこの日、森吉山桃洞沢から赤水沢への周回コースに行ってきました。
 20mザイル、捨て縄、ヘルメット、渓流シューズなどを久しぶりに押し入れから引っ張り出して、5時15分能代出発。正面から差し込む朝日がまぶしい。真っ青な空の下、森吉山ダムを過ぎ森吉山荘をめざす。途中、道路に黒い物体。よく見ると、子熊が座っている?わきを通り過ぎてもそのまま。車から降りる勇気はないので、Uターン。写真を撮ろうと近づくと繁みの中へ。残念。焼山、岩手山がきれい。7時30分、森吉山野生鳥獣センター着。しばらくすると群馬ナンバーの車が到着。ご夫婦(たぶん)で、桃洞沢から赤水沢へ周回するとのこと。7時50分出発。ノロ川遊歩道のブナ林が朝日を浴びて輝いている。虫がまとわりついてうるさい。防虫ネットをかぶるが、あまり効果はない。何か所か刺されて、8時20分赤水桃洞分岐着。沢に入って、やっと虫から解放される。水量が少ない。8時40分桃洞ノ滝着。早速ヘビがお出迎え。滝の右側を登り、上流へ。ふみ跡が多い。土、日曜日に入ったらしい。後続のご夫婦のために、ふみ跡をオーバーにつけながら歩く。中滝を過ぎ、9時男滝へ。水量が少ないので、桃洞沢随一の難所の登りも楽。ひたひたとナメを気持ちよく歩いていくと、左に赤水沢への枝沢が見えてくる。ピンクテープが下げてあり、間違うことはない。沢内に流木が多い。土砂崩れで深みになっているところもあり、やぶ漕ぎするところも。腰近くまで浸かることも。後続のご夫婦、大丈夫かなあと心配になる。1時間ほど悪戦苦闘して10時30分尾根を越える。ここからは打って変わって沢を下る。20分ほどで赤水沢へ。こちらも水量が少ない。蝉の声、鳥の鳴き声、沢の音を聞きながら昼食。そういえば、暑さを感じないでここまで来たことに気が付く。気温28度だが、沢をわたる風のおかげか暑さを感じない。水量が少ない赤水沢を、4回ほどザイルを活用して下る。緑の藻が多いのが気になる。兎滝上部で単独行の登山者とすれ違う。兎滝を登り、その上部の滝で登れずにいたところに出くわす。桃洞・赤水周回コースの下見に来たとのこと。水量が少ないためか、夏バテか、兎も元気がなさそう。平らなナメをピチャピチャ音を立てながら気持ちの良い下り。12時40分、玉川・赤水本流分岐着。水面に鏡のように景色が映ってきれいだ。ゆっくりゆっくり沢下りを楽しむ。子ども連れの若いご夫婦を追い越す。仙台から来たとのこと。秋の紅葉シーズンを勧める。13時40分、桃洞赤水分岐着。ここからはまた虫と格闘。何か所か刺されて、14時20分、森吉山野生鳥獣センター着。車が7台に増えている。

 帰りのコンビニで車から降りた時の暑さにはびっくり。この時期の沢は最高ですね。ただ、赤水沢への尾根に取り付く枝沢が荒れていることが残念でした。
 登り、桃洞沢まで50分、男滝まで1時間30分、赤水沢まで3時間、
 下り、兎滝まで40分、玉川・赤水沢分岐まで1時間20分、桃洞・赤水分岐まで2時間20分、森吉山野生鳥獣センターまで3時間、行動時間は6時間30分、2万8千歩でした。




岩手山がきれい!
CIMG3219.jpg



出発準備をする県外からの登山者
CIMG3220_201807311356468bc.jpg



朝日が差し込むブナ林
CIMG3226.jpg



ブナの上空は真っ青
CIMG3235.jpg



水量が少ない桃洞沢
CIMG3240.jpg



ヘビがお出迎え
CIMG3242.jpg



桃洞の滝
CIMG3245.jpg



桃洞の滝の右を登る
CIMG3246.jpg



八段の滝
CIMG3254.jpg



中滝
CIMG3259.jpg



男滝
CIMG3269.jpg



甌穴
CIMG3274.jpg



桃洞の滝の上流もナメ
CIMG3275_20180731135647338.jpg



尾根を乗り越えて赤水沢へ
CIMG3284_20180731134728f8c.jpg



赤水沢の下り
CIMG3291.jpg



ハートの滝
CIMG3293.jpg



緑の藻がなぜかいっぱい
CIMG3298.jpg



岸壁を登る登山者
CIMG3301_201807311347346ca.jpg



兎滝の上部から見下ろす
CIMG3304.jpg



兎滝
CIMG3308.jpg



兎滝で記念撮影
CIMG3305_20180731134823835.jpg



水面が鏡のような赤水渓谷
CIMG3331_20180731134826145.jpg



赤水渓谷
CIMG3335_20180731134827e58.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

昨年のブログでも感じましたが桃洞赤水はスケール感がいいですね!
変化もあり"沢登り"って感じですね!
赤石・津軽沢は崩落箇所があり予定の最奥の滝は取り止めになり空滝までになり赤石渓流歩き(下り)が主となりました。幅広の渓流を何度も渡渉したりと楽しめました。
空滝は広間の様な空間に三つ?並ぶ内 右手奥にある結構、落差のある滝でした。眺めて良し撮影して良し!

赤石渓流のアブは酷かったー!!!
虫除けスプレー効きません!
きのう、ハッカスプレー作るべくハッカ油購入。 併用してみますが…
ムシは これから減っていく時期ですが…

そうそう、無風時対策にいつも提げてある 団扇!
アブ払いに大活躍!

No title

この時期、沢は最高ですね。
森吉山は一枚岩なので、ゴロゴロした石がありません。
歩きやすさでは一番です。
赤石渓流、行きたいですね。
白神山地は笹内川と大川しか行っていません。
大川は良かったですね。
虫だけはどうにもなりません。
いなくなるのを待つだけですね。
大川のブログご覧ください。http://nariyuki918.blog.fc2.com/blog-category-16.html

19日に 白神山地ビジセン行事で大川
です! 無料に弱く…
今回、タカヒグリまで行くのかは?ですが…
センター内の行事記録展示を拝見すると 前回の大川行きではタカヒグリまでの様子です。
水の綺麗さも相まって 期待 大!
あとは 天気と講師しだい⁉︎

ナリユキさんのブログの行動時間に対して、予定行動時間が短めなのが気になるところ。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: