11月 晩秋の白神岳

 2012年11月11日  単独行

 雨天が続きストレスがたまっていましたが、やっと晴れる予報に期待して白神岳に行ってきました。
 所用をこなし、9時能代出発。晴天の中黒崎口駐車場へ。車が4台駐まっている。10時15分晴天の中出発。あたたかい。駐車場の上は今が紅葉のピーク。記帳所付近は朝日に照らされた紅葉がきれいだ。ブナの大木はもう葉を落としている。黒い杉、ヒバをバックにした黄色い葉が映えてきれいだ。二股分岐まで紅葉が続く。ここを過ぎるとしだいに色づいた葉は減っていく。ブナはほとんど葉をつけていない。11時50分二股着。この数日の雨のためか、水量が多い。やっとの思いで徒渉。ここからの急登はほとんど葉をつけていない。気がつくと、上空は曇り空。落ち葉が積もっているが、濡れておりカサカサという音をたてて登るわけにはいかない。落ち葉が滑り、登りにくい。1時30分山頂着。だれもいない。曇ってはいるが、展望は悪くない。鳥海山の白いシルエットがかすかに見える。山頂の水場を確認してから昼食。寒いので避難小屋に入る。2時下山。葉を落とし蜘蛛の巣のようなブナ林を下る。何となく寂しく感じる。標高950m付近でドラミング。前回確認したアカゲラか。次第に暗くなってきたので先を急ぐ。4時15分、薄暗い中駐車場着。
登り、二股まで1時間35分、山頂まで3時間15分、
下り、マテ山分岐まで1時間10分、駐車場まで2時間15分、
行動時間6時間でした。


記帳所のノートを見ると、11月4日、5日は山頂が真冬であったと書かれています。これからは冬装備が不可欠のようです。


駐車場に4台の車、青空が広がる。
CIMG0740.jpg



葉を落とした登山口のブナの大木
CIMG0751.jpg


登山口付近は紅葉が見られる。
CIMG0753.jpg



二股手前のブナ林
CIMG0775.jpg



二股コース急登の姥石(標高780m付近)
CIMG0791.jpg


遠く男鹿半島
CIMG0808.jpg


山頂から避難小屋、小屋の奥が向白神岳、右奥が岩木山
CIMG0815.jpg


世界遺産のブナ林、二ツ森方面。
CIMG0816.jpg


山頂下の水場、岩の割れ目から十分な水量。
CIMG0821.jpg


白神川流域
CIMG0827_20121112113313.jpg


マテ山に通じる尾根
CIMG0828.jpg


岩崎方面
CIMG0830.jpg


白神川上流域のブナ
CIMG0834.jpg


登山道は枯葉のじゅうたん
CIMG3312.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: