FC2ブログ

花の和賀岳・薬師岳

2019年 7月17日       単独行

白神岳のニッコウキスゲとイブキトラノオをアップしたところ、この二種が生えているところは東北では白神岳と薬師岳それに太平山の三カ所とのこと。それではわが故郷の山、薬師岳・和賀岳に行こうということになりました。
 午前5時10分、曇り空の能代出発。ウオーキングしている人が10人以上。みんなげんきだなあ。秋田中央まで自動車道、そこから広域農道を通って角館へ。角六線から我が母校太田東小学校前を通り真木林道へ。紅葉がきれいな真木渓谷だが、今は緑一色。7時登山口手前の駐車場へ。車が2台、横浜ナンバーと秋田ナンバー。相変わらずの曇り空の下を7時20分出発。20分ほどで甘露水着。「甘露」とは仏教用語でこの上ない美味のこと。インドの言葉「サルピス」を中国で意訳したもの。あのカンロ飴もここからとった。カルピスはこのサルピスからとったもの。知ったかぶりだが、以前にもブログに書いたかな?水を補給して登山道へ。造林杉をぬけるとブナ林。太いブナが多い。曲沢分岐、ブナ平、滝倉、倉方、薬師岳分岐、薬師岳、薬師平、小杉山分岐、小鷲倉、和賀岳と30分ほどの間隔で標柱が立っている。目安になってありがたい。滝倉の水場で冷たい水をいただき、ブナ林の急登へ。倉方からは薬師岳への痩せ尾根の登り。周囲はガスで見えず、恐怖感はない。ヨツバヒヨドリ、ハクサンフウロが咲いている。薬師岳手前からニッコウキスゲとイブキトラノオが出現。大したことないなあと思いながら、9時35分薬師岳着。ガスで期待した仙北平野は見えず。ここから薬師平の標柱までの稜線がすごいお花畑。ニッコウキスゲとイブキトラノオが真っ盛り。一面に黄色と白色。イブキトラノオの花は白神岳より小ぶりだが、その数が半端ない。ガスの中の花もまたいい!20分も写真を撮りまくっただろうか。10時、薬師平の標柱通過。ここからは花は少ない。ひたすら、和賀岳を目指す。10時20分小杉山から和賀岳への稜線へ。ここも痩せ尾根だが、ガスのお陰で恐怖感はない。2名の登山者とすれ違う。秋田ナンバーと横浜ナンバーか?山頂手前の草原にはチングルマの実が夜露に濡れている。11時20分、和賀岳着。ガスの中、誰もいない。みるみる上空に真っ黒な雲。午後から雷の予報を思い出し、急いで引き返すことに。ところが、次第に明るくなり、少しずつ展望が開ける。小鷲倉で薬師岳を見ながら昼食。小杉山から薬師岳への稜線では、仙北平野と日を浴びたお花畑をゆっくり楽しむ。薬師岳では和賀岳も顔を出す。真昼岳も見える。日が差し込むブナ林を下って、15時20分駐車場着。横浜からの登山者が休んでいる。300名山を目指している。この日、日本中で秋田だけ晴れていたのでやってきた。これから横浜に帰るとのこと。すごい。もったいない。おふくろのお墓参りをして帰宅する。
 念願の薬師平のニッコウキスゲとイブキトラノオの大群落を楽しむことができました。圧巻でした。
 登り、薬師岳まで2時間15分、和賀岳まで4時間、
 下り、薬師岳まで2時間、駐車場まで4時間、行動時間は8時間、30,000歩でした。 




目指す和賀岳・薬師岳は雲の中
CIMG7608.jpg



駐車場わきのきれいな休憩所
CIMG7610.jpg



ブナにめり込んだ看板
CIMG7627.jpg



可愛らしいギンリョウソウ
CIMG7638_2019072214360889e.jpg



薬師岳はガスの中
CIMG7640_20190722143610a47.jpg



ミヤマホツツジ
CIMG7650_20190722143611014.jpg



薬師岳山頂はトンボがいっぱい!
CIMG7661.jpg



ハクサンフウロ
CIMG7670.jpg



イブキトラノオが一面に広がる薬師平
CIMG7688.jpg



ニッコウキスゲが一面に広がる薬師平
CIMG7699.jpg



ニッコウキスゲとイブキトラノオの競演
CIMG7703.jpg



トウゲブキ
CIMG7704.jpg



稜線を行く登山者
CIMG7719.jpg



稜線の向こうに一瞬顔を出した和賀岳
CIMG7720_20190722143623c49.jpg



チングルマ
CIMG7728.jpg



イワイチョウ
CIMG7729.jpg



ミヤマウスユキソウ
CIMG7739.jpg



和賀岳山頂で記念撮影
CIMG7741.jpg



小杉山から薬師岳への稜線
CIMG7756_2019072214363143b.jpg



仙北平野が見えた!
CIMG7766.jpg



お花畑と薬師岳
CIMG7771_20190722143708c18.jpg



日を浴びたお花畑
CIMG7780.jpg



お花畑の向こうに仙北平野
CIMG7796.jpg



薬師岳から見えた和賀岳
CIMG7804.jpg



真昼岳
CIMG7805.jpg



ブナ
CIMG7807.jpg



ブナ林
CIMG7808_20190722143717fb3.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今朝(28日).先日の八甲田山麓田代高原ヤナギラン向側にある グダリ沼(湧水地)へ 撮影に行ったら、大曲から撮影に来た三人組に会いました。
「この辺でニッコウキスゲ咲いているトコないかな」と聞かれ、薬師岳みたいな群落は無いと返答しておきました!

ナリユキ役立つブログ!ですねー!

八月には、いよいよ白神岳避難小屋改修工事ですね!
完成が楽しみですです!
積雪期出入口になる三階窓の大型化の要望も出ているみたいですよ。

No title

おばんです。
グダリ沼、初耳ですね。

避難小屋の改修、8月ですか?
もう、泊まれませんね。
一度、泊まりたかったなあ。
近いうち、白神岳に見に行こうかと思います。

暑い日が続いているので、
明日(31日)赤水渓谷に行ってみようかと思っています。
天気次第ですが。

アブの少ないことを祈る!
一枚岩だと 少ないのかなぁ?
石ころの隙間に潜んで居るわけだし…
大雨増水後は 流されていなくなる。

捻挫は 医療用サポーターの常用は解除になりました。
場合によって 安静状態でも痛いのだが…
避難小屋工事完了までに まずまずの状態になってほしいです。

No title

おはようございます。
赤水渓谷、幸いにもアブは少しだけでした。
追いかけられることはありませんでした。
こんなこともあるんですね。
紅葉の時期にまた行きたいと思っています。
ただ、沢の荒れが昨年よりさらに進んでいました。
 足の捻挫、お大事にしてください。
白神岳でまたお会いしましょう。

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: