FC2ブログ

県北新人登山大会・森吉山(ヒバクラコース)

2019年9月13日~15日

第1日目(9月13日) 開会式・ペーパーテスト
  森吉山鳥獣保護センター~クマゲラ保護センター~ノロ川・黒石分岐~黒石方面分岐~黒石分岐~森吉山鳥獣保護センター
  ・テント設営、天気図作成、炊事

第2日目(9月14日)  ヒバクラ登山口から森吉山山頂を往復登山
 この日は山頂までタイムレース。午前7時出発の選手に追い越されないために午前5時40分登山口を審査員4人で出発。天気は晴れ、気温13度で肌寒い。東の空が赤く染まり、岩手山が雲の上に顔を出している。出発してすぐススキが行く手を遮るが、それは一瞬。すぐに広い登山道へ。読図担当の審査員が先を行く。地形を見ながら地図とにらめっこ。地図にコンパスを当てて、位置を確認したりもする。最近はGPSが普及し、紙地図を持つ人が減っているという。安全登山のために読図の基本は身につけたいものだ。ここぞという場所に読図フラッグをつける。選手はこの位置を二万五分の一地形図に記し、その正確さを競う。もちろん、GPSは使用できない。真っ青な空の下、ブナ林を気持ちよく登る。標高1100m付近の水場で休憩。湧き水が冷たくうまい。ヒバクラ岳への急登は階段。これがつらい。ここまでくると、足元に花が目立つ。エゾオヤマリンドウ、ウメバチソウ、ツルリンドウ、ヨツバヒヨドリ、実をつけたマイズルソウ、ゴゼンタチバナなど。山頂が正面に見えるヒバクラの湿原は草紅葉。7時45分、ヒバクラ分岐着。日を浴びると蒸し暑いが、見上げると巻雲が広がる秋の空。気持ちがよい。少し下って鞍部を過ぎて8時20分、山人平着。湿原にはウサギギク、モウセンゴケ。山頂への最後の登り、まだ選手は来ないだろう思っていたら、突然下から選手が現れ、追い越していく。速い。山頂でタイムをはかる審査員が慌てて山頂へ。選手を引き離して登っていく。大したものだ。8時50分、森吉山山頂着。岩手山、秋田駒ケ岳、八甲田山と展望はよいが、鳥海山は見えない。晴れているが、風が冷たく寒い。ダウンジャケットを着こむ。山頂で展望、装備の審査。仕事がないので、チャルメラをつくって食べる。これがおいしい。10時35分下山。東斜面で歩行の審査。選手と前後しながら下る。13時登山口着。親子キャンプ場に帰って、植物観察、天気図作成の審査。森吉山荘で集計を行う。
  登り、ヒバクラ分岐まで2時間5分、山頂まで3時間10分、
  下り、ヒバクラ分岐まで1時間、登山口まで2時間25分、行動時間は7時間20分、23,400歩でした。

3日目(9月15日)、審査講評、閉会式を行って、終了。

ヒバクラコース、久しぶりの登りましたが、登山道がよく整備されており、ヒバクラ岳、山人平と変化もあり、比較的短時間で楽に登れるよいコースです。ゴンドラ利用に物足りなさを感じる人にはうってつけですね。




青空の下で開会式(第1日目)
CIMG0729.jpg



ブナ林の中を隊行動(第1日目)
CIMG0733_20190918121106288.jpg



炊事中(第1日目)
CIMG0750_2019091812110849c.jpg



ブナ林から月が上がる(第1日目)
CIMG0751_20190918121109cb5.jpg



夕暮れ(第1日目)
CIMG0755.jpg



大会役員の晩餐の宴(第1日目)
CIMG0756_20190918121112c8d.jpg



満月の下でテント泊(第1日目)
CIMG0762_201909181211140c6.jpg



中秋の名月(第1日目)
CIMG0770.jpg



夜明けの岩手山(第2日目)
CIMG0771_20190918121116e7e.jpg



朝日を浴びながら出発(第2日目)
CIMG0777_201909181211188cc.jpg



読図フラッグをつける審査員(第2日目)
CIMG0778_201909181211205f8.jpg



朝日に輝くブナ(第2日目)
CIMG0779_2019091812112166a.jpg



突然開けた向こうに小池が原(第2日目)
CIMG0781.jpg



読図ポイントを話し合う審査員(第2日目)
CIMG0784.jpg



次に開けた向こうにヒバクラ岳(第2日目)
CIMG0789.jpg



ウメバチソウ(第2日目)
CIMG0794_20190918121127e5b.jpg



ヒバクラ湿原から森吉山山頂(第2日目)
CIMG0796_201909181211329e9.jpg



ゴゼンタチバナ(第2日目)
CIMG0804_20190918121133ca1.jpg



ウサギギク(第2日目)
CIMG0810.jpg



トップで山頂をめざす能工A(第2日目)
CIMG0812.jpg



山頂で装備審査(第2日目)
CIMG0820.jpg



モウセンゴケ(第2日目)
CIMG0822.jpg



下山時には天気も下り坂(第2日目)
CIMG0828_20190918121208a4e.jpg



水場で一本をとる選手(第2日目)
CIMG0836.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

若いって いいですね! 何をするにも!

旧避難小屋 最後の小屋泊まりの時も 東北大生もソロで泊まったのですが ノートに色々記録していましたよー。
高校時代は 山岳部だったのでしょう。
スマホで ゲームもしていましたけどね!

秋田県は 山岳部がある高校が多いのでしょうね。

しょうすけさんは どうしていますかね?

No title

おばんです。
選手を見ていると、うらやましいですが、
元気ももらいます。
山岳部のある高校は、どんどん減ってきていますね。
残念なことですが。
夏山合宿で、北アルプスに行っている高校が多いので、
楽しいのにね。

しょうすけさん、あいかわらず元気ですよ。
パワフルに活動しています。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: