FC2ブログ

向白神岳・8度目の日帰り登山

2020年 3月31日       単独行

 天気と雪質と体力の3条件が揃わなければ、向白神岳の日帰り登山は無理です。6日前の25日には、見事にはね返されて白神岳から引き返しました。3日間晴天が続く最終日、天気と雪質の条件が整い、残り体力が少し心配でしたが、この日を逃したら今シーズンの向白神岳登頂はないと思い、中5日でまた向白神岳を目指しました。 
 白神岳に9時までに入る計画で、やっと明るくなった午前5時15分駐車場出発。気温2度、晴天。最後の水場まで雪はなし。真っ盛りのフクジュソウに混じって、カタクリが咲き始め。6時25分最後の水場着。水を補給し、アイゼンを履く。ここから直進して冬道を辿る。たくさんのトレースが前方に進んでいる。尾根への直登では、下山時に苦労を強いられたらしい穴ぼこだらけ。7時10分、山頂まで2.4kmの標識がある尾根へあがる。ここからは気持ちのよい尾根歩き。ブナ林に朝日が射し込む。トレースに導かれるようにして、8時20分、快晴の大峰分岐着。向白神岳と岩木山が今日は歓迎してくれているよう。硬い雪面の稜線を歩いて8時35分白神岳山頂着。予定より早い。八甲田山、岩手山、そして鳥海山が確認できる。最高の展望。10分ほど大パノラマを楽しんで先を急ぐ。ここからは2名ほどのトレース。一気に150m下って笹内川源流部を越え、60m登って9時20分玄関岳着。正面にブナ原生林、右に能代市方面、左に向白神岳への稜線、振り返るとドッシリと構えた白神岳。ここも素晴らしい展望。玄関岳からの60mほどの下りが最大の難関。クラストしてアイゼンが効かない。恐る恐るステップを切りながら、慎重に下る。ここから、1165m、1221m、白神山地の最高峰1250mの3つのピークを辿る。1165mピークで後ろから声をかけられ、振り向くとなんと25日に白神岳でお会いした青森市からの女性の登山者。1時間半以上遅く出発して、追いつくなんてなんという速さ。あの玄関岳からの急斜面を難なく下るなんて、この人はただ者ではない。仕事の関係で、ここから引き返すとのこと。あと、1時間ぐらいで向白神岳に到達するのにもったいない!左に笹内川と大峰岳への稜線、右に延々と続く世界遺産のブナ原生林、正面に向白神岳と岩木山と最高の稜線歩きを楽しむ。1250mピークから向白神岳までは左右が切れ落ちたやせ尾根。風が強いと怖いところだが、今回は微風。11時、向白神岳着。岩木山がどでかい。世界遺産のブナ原生林もスケールが大きい。何回来ても、ここからのロケーションは最高!帰りを考えると長居は出来ない。11時15分、来た道を引き返す。少しずつ巻層雲が広がる。日輪(ハロ)も現れ、天気は下り坂?1221mピークでブナ原生林を見ながらの昼食。なんという贅沢。カップ麺とおにぎりがうまい。13時20分、玄関岳に戻る。ここから白神岳への最後の登り。疲れがたまって頑張りが効かない。14時、やっとの思いで避難小屋着。ここからはいつものコース。緊張感から解放され、もうろうとした感じで下る。蟶山尾根からの急斜面は雪が緩んで、転んだり、尻滑りと大苦戦。15時35分、最後の水場着。16時二股分岐を過ぎ、16時30分駐車場着。もう、一歩も歩きたくない気分で、帰り支度。
 好天に恵まれ、向白神岳を満喫しました。ただ、21km超、11時間余りの行動は、さすがに限界でした。
 登り、白神岳まで3時間20分、向白神岳まで5時間45分、
 下り、白神岳まで2時間45分、駐車場まで5時間15分、行動時間は11時間15分、39,300歩でした。
 



岩木山と今日の目標地向白神岳(左)
CIMG2824_202004021648508f6.jpg



岩手山が見える!
CIMG2843_20200402164851add.jpg



いつもの白神岳山頂からの眺め
CIMG2845.jpg



まずは白神岳山頂でパチリ!
CIMG2848.jpg



八甲田山も見える
CIMG2850.jpg



いざ、向白神岳へ 一気に160m下る
CIMG2852.jpg



160m下って、白神岳を見上げる
CIMG2857_20200402165333e88.jpg



玄関岳の急斜面はクラスト状態
CIMG2865.jpg



白神岳から十二湖への稜線
CIMG2868_20200402165337c3f.jpg



1165mピークへの登り、こういう登りが3回
CIMG2875.jpg



向白神岳稜線から見た白神岳
CIMG2880_2020040216534039f.jpg



1165mピークから引き返すただ者ではない登山者
CIMG2892.jpg



だんだん遠ざかる白神岳
CIMG2898_2020040216534293f.jpg



左から向白神岳、岩木山、白神山地最高峰1250mピーク
CIMG2911.jpg



向白神岳最後の登り、これがきつい!
CIMG2921.jpg



念願の向白神岳にてパチリ!
CIMG2926_202004021653473eb.jpg



ブナ原生林の向こうに岩木山
CIMG2927.jpg



向白神岳から岩木山はすぐそこ!
CIMG2928_20200402165350e41.jpg



向白神岳からの眺め、南側は辿ってきた稜線
CIMG2930_2020040216535233c.jpg



向白神岳からの眺め、北側は静御殿、吉野岳、太夫峰と続く稜線
CIMG2932.jpg



向白神岳からの眺め、東側は延々と続くブナ原生林
CIMG2935_2020040216535591c.jpg



天気が下り坂?日輪(ハロ)
CIMG2940_20200402165356dbc.jpg



帰りには、玄関岳がメタリックに
CIMG2947.jpg



ブナ原生林の向こうに藤里駒ヶ岳と小岳(手前)
CIMG2952_202004021654315c0.jpg



ブナ原生林の向こうに尾太岳(左)と田代岳(中央)
CIMG2953_2020040216543335b.jpg



やっと戻りました避難小屋
CIMG2956.jpg



カタクリが疲れを癒やしてくれる
CIMG2969.jpg



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

向白神岳

ナリユキ様

ご苦労様でした。お天気最高でよかったですね。
それにしても凄い方がおられますね。それも女性。
でも日輪とは私もわかりませんでした。その下に彩雲が写っていますね。当日私も下界で見ました。車にカメラを積んでおらず記録することができませんでした。山から見るのと下界では相当に違うんですね。
今度どこかの山でご一緒させて下さるようお願いできればと思っています。

No title

タロンペ様

 おはようございます。
やっと、向白神岳の疲れがとれました。
やっぱり、ハードなコースです。
幸いにも好天に恵まれ、十分に楽しめました。
タロンペさん、大潟村?の人と3人で登ったことを
思い出しました。
きついけれども、よい山ですね。
 ご一緒できることを楽しみにしています。
連絡ください。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: