3月 早春の白神岳・向白神岳

 2013年 3月27日    単独行

 素晴らしい晴天の中、向白神岳日帰り往復をしてきました。
 午前5時30分、夜が明けそうな薄明かりの中を黒崎口へ。黒崎口駐車場まで何とか車は入れるが、駐車スペースがないため、引き返して30mほど手前の三叉路に駐車。遅れて能代からの6人グループが到着。もう1週間ぐらいで駐車場が使えそうだ。6時15分、スノーシューをはいて出発。林道にほとんど雪はない。登山届けのノートを見ると、3月に入って登山者が増えてきているようだ。蟶山への冬道に入る。気温が低かったためか、雪面がほどよく硬く、スノーシューのアイゼンが効いて急斜面を楽に直登できる。さほど疲れることもなく7時40分蟶山着。上空は雲ひとつない。快調に山頂をめざす。大峰分岐手前の急斜面が朝日を浴びて輝いている。この急登付近から冷たい南風が強く地吹雪の状態。しかし、クラストしている箇所もなく、楽に稜線へ。これからめざす向白神岳の稜線が遠く輝いて見える。9時4分白神岳山頂着。冷たい南風の中、向白神岳をめざす。笹内川源頭のピークは尖峰で、滑落しそうで緊張を強いられる。それ以後は、比較的広い稜線だが、クラストしている箇所や吹きだまりの雪で歩きにくい。しかし、左に白神岳の稜線、右に世界遺産のブナ林を眺めながら最高の気分。さすがに疲れがたまったのか登りがきつい。地図で確認しながら11時10分、向白神岳着。山頂部はさほど広くはない。岩木山がすぐそこに見える。延々と続くブナ林は圧巻。あいかわらず南風が強いため、玄関岳(1122m)まで引き返して昼食。ここから見る白神岳はスケールが大きい。つらい登りを終えて避難小屋に着いたのが14時。向白神岳を確認しながら下山。途中で6人グループを二組追い越す。16時車へ。今日は15人ほど入山していた。
 雪質に恵まれ、予想より短時間で向白神岳を往復することができました。ラッキーな一日でした。
登り、蟶山まで1時間25分、白神岳まで2時間49分、向白神岳まで4時間55分、
下り、避難小屋まで昼食時間を含めて2時間38分、車まで4時間38分。
行動時間は、9時間35分でした。 




CIMG2134.jpg
朝日でひかる大峰分岐下部の急斜面



CIMG2157.jpg
大峰岳への稜線



CIMG2163.jpg
大峰分岐下部の急斜面



CIMG2189_20130328115113.jpg
白神岳山頂より避難小屋とトイレ



CIMG2193.jpg
白神岳から向白神岳への稜線に向かう。



CIMG2218.jpg
1250mピークから向白神岳(中央左)



CIMG2219.jpg
向白神岳



CIMG2224_20130328115312.jpg
山頂にてセルフタイマーで



CIMG2226.jpg
向白神岳付近から岩木山とブナ原生林



CIMG2229.jpg
やせ尾根に雪庇



CIMG2230.jpg
世界遺産ブナ原生林、左奥が藤里駒ヶ岳



CIMG2277.jpg
玄関岳(1122m)からの白神岳



CIMG2299_20130328130724.jpg
大峰分岐付近から向白神岳


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: