4月 早春の白神岳

2013年 4月22日   単独行

 22~23日が好天の予報で、空いている22日白神岳に行ってきました。
 夕方3時に所用があり、それまで帰る計画で6時30分能代出発。黒崎口駐車場には1台の車。出発の準備をしていたら、1台の車が到着。5分もしないうちに出発。要領のよい人である。能代は快晴だったが、ここは曇り空で山頂は見えない。山鳩の鳴き声に送られて7時30分出発。しばらくは土の上を行くが、蟶山への冬道分岐あたりから残雪がある。ふもとはもう春で、カタクリ、フクジュソウが満開。キクザキイチゲ、エンレイソウの花はまだ小さい。水場までのトラバースは残雪で歩きにくい。水場でスノーシューを着ける。ここから昨日のものと思われるたくさんの踏み跡がある。958m標高点に向かって、小さな尾根を登っている。きつい登りだが、その後をたどる。昨日積もったらしい新雪が10cmほど。150mの急登がきつい。この付近から霧氷がみられる。しだいに青空が広がる。尾根に上がると、踏み跡はほとんど消えているが、一人先につぼ足で登っている。雪が軟らかく、つぼ足はきつそうだ。大峰分岐下部の急登付近から真っ青な空に映える真っ白な稜線が美しい。山頂近くになると、ガスが広がり、展望は岩木山は見える程度。日本海は雲の中。避難小屋で先行の登山者と遭遇。弘前から来たN氏、2泊3日で白神岳を楽しむとのこと。10時45分山頂着。微風、ガスの中。避難小屋付近は2m以上の積雪。N氏が除雪してくれた避難小屋で昼食。感謝・感謝。ガスの中、11時45分下山。表面の新雪が雪崩れて滑り落ちそうになることも。途中、今日は小屋泊で明日向白神岳に登るという弘前の登山者とすれ違う。14時10分、駐車場着。
 山頂はガスでしたが、青空をバックにした白い稜線が印象に残った山行でした。今日の登山者は4人でした。
登り:最後の水場まで1時間5分、山頂まで3時間15分、
下り:最後の水場まで1時間15分、駐車場まで2時間25分、総行動時間は6時間40分でした。
 




蟶山冬道分岐手前から残雪
CIMG2532.jpg



標高750m付近から霧氷
CIMG2541.jpg



尾根上の奇形ブナ
CIMG2564.jpg



尾根上につぼ足の踏み跡が
CIMG2566.jpg



大峰分岐下部からの山頂
CIMG2598.jpg



大峰岳への稜線
CIMG2605.jpg



大峰分岐下部の急登
CIMG2604.jpg



向白神岳と岩木山
CIMG2629.jpg



下山する弘前市のN氏
CIMG2640.jpg




白神岳山頂にて
CIMG2636.jpg



カタクリ
CIMG2664.jpg



エンレイソウとキクザキイチゲ
CIMG2668_20130423142104.jpg



フクジュソウ
CIMG2670.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: