花と残雪の鳥海山へ

2012年 6月30日  単独行

 所用で東京に行ってきましたが、飛行機から見た残雪の鳥海山の美しさに魅せられ、急きょ矢島口を往復しました。
 祓川の駐車場には30台ほどの車があり、土曜日ということもあり登山者が多い。快晴、山頂が美しくながめることができる。7時48分登山開始。竜ヶ原湿原のミツガシワの群落を見ながら登りにはいる。賽の河原手前から雪渓が残っている。スプーンカット状の硬い雪面が滑りやすく登りにくく、七ツ釜への急登が特にきつい。蒸し暑いが、時々爽やかな風が吹いて気持ちがよい。氷の薬師、舎利坂手前まで雪上歩行。簡易カラビナを着けて登っている女性も見受けられる。雪渓で2名のスキーヤーが楽しんでいる。舎利坂からは登山道がでており、花も真っ盛り。ミヤマキンバイ、イワベンケイ、アオノツガザクラなどが美しい。特にイワウメの白い花が満開で、岩肌一面をおおって絨毯のよう。七高山にはたくさんの登山客。最近設置した真新しい標柱が目につく。展望もよく、月山が近い。白神岳も確認できる。新山へは雪渓を直登。10時10分着。冷たい南東の風が吹いて肌寒い。荒神ヶ岳から稲倉岳、扇子森方面がきれい。黄砂の影響か、展望が悪くなってきた。早い昼食をとり、下山。スキーをかついで、テレマークのブーツで登ってくる人とすれ違う。花をカメラにおさめながら、雪渓を一気に下る。標高1500mぐらいまで下ると黄砂の下にきたのか展望がよくなった。13時10分駐車場着。行動時間、5時間22分でした。
 鳥海山の花はやはりスケールが大きい。近いうちにもう一度登りたい。

CIMG1600.jpg
麓からみた鳥海山

CIMG1601.jpg
祓川駐車場から鳥海山

CIMG1609.jpg
七ツ釜への急登

CIMG1618.jpg
氷の薬師

CIMG1624.jpg
七高山山頂の標柱

CIMG1630.jpg
月山

CIMG1645.jpg
荒神ヶ岳より稲倉岳、扇子森方面

CIMG1664.jpg
イワウメの大群落

CIMG1650.jpg
ホソバイワベンケイ

CIMG1651.jpg
ミヤマキンバイ

CIMG1675.jpg
黄砂?

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: