晩秋の秋田駒ヶ岳

2013年 10月28日     単独行

 好天の予報に誘われ、岩手山にしようか迷いましたが、紅葉がきれいな秋田駒ヶ岳に行くことにしました。
 午前4時、真っ暗な中能代出発。星が見えないのが気がかり。高速で秋田中央ICへ、そこから広域農道を通って田沢へ。角館近くでやっと明るくなる。田沢湖スキー場から乳頭山荘までの両側は紅葉真っ盛り。すばらしい美しさ。大型バスも多数駐車している。少しずつ青空の範囲が増加。7時30分笹森山目指して出発。旧乳頭スキー場を横切り笹森山コースに入る。スキー場跡周辺の紅葉がすごい。スキー場上部のブナはもう葉を落としている。ブナの落ち葉のじゅうたんを踏みしめながら緩やかな登りを行く。歩きやすい。細いが密生したブナの白い幹が美しい。笹森山麓を左に巻くが、数カ所崩落している箇所ある。乳頭山、笊森山、湯森山の頭が白い。遠く八幡平、森吉山が望め、岩手山は頭が雲の中。笹森山からの真っ白な女目岳、焼森は迫力満点。八合目への下りはゴロゴロした石で歩きにくい。9時30分、八合目小屋着。十名ほどの登山客がいる。ここから阿弥陀池を目指すが、突然天候が急変、ガスと田沢湖から吹き上げる冷たい風。急激に体温が失われる。周囲の樹木にはエビのしっぽ。真っ白な世界。数名の登山客。10時30分女目岳山頂着。何も見えずとにかく寒い。写真を撮ってただちに下山。横岳、焼森を経由して湯森山へ。積雪はほとんどないが、もう冬の装い。11時50分湯森山着。女目岳方面はガスの中。乳頭山へ縦走するか迷ったが、天気が下り坂のため笹森山経由で下山。途中、山の幸サワモダシを頂戴して13時45分乳頭山荘着。
 乳頭山荘から下が紅葉のピーク、これもあと数日か?山頂部はもう冬の寒さでした。
 登り、笹森分岐まで1時間40分、八合目小屋まで2時間、女目岳まで3時間、湯森まで4時間20分、
 下り、途中20分ほどの休憩をはさんで約2時間、行動時間6時間15分でした。
 



鶴の湯入口付近のブナ
CIMG1617.jpg



車道両脇の紅葉
CIMG1621.jpg



乳頭スキー場上部の葉を落としたブナ
CIMG1645_20131029160333bb6.jpg



笹森山より山頂部が白い湯森山
CIMG1670.jpg



笹森山より乳頭山(左)と笊森山(右)
CIMG1673_20131029160336fcc.jpg



笹森山より女目岳(右)と焼森(左)
CIMG1674.jpg



片倉岳から女目岳山頂方面
CIMG1694_20131029160419a34.jpg



田沢湖高原温泉周辺の紅葉
CIMG1703.jpg



低灌木の枝にエビのしっぽ
CIMG1707.jpg



阿弥陀池付近はガスと冷たい風
CIMG1712.jpg



山頂付近で一瞬の青空が
CIMG1716.jpg



山頂にて
CIMG1724_20131029160506fe5.jpg



焼森付近はこんな感じ
CIMG1744_20131029160508ac4.jpg



やっと頭を出した岩手山
CIMG1756.jpg



山の幸サワモダシ
CIMG1767.jpg


旧乳頭スキー場より乳頭山
CIMG1799.jpg



日を浴びて輝くブナ
CIMG1813.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: