11月 初冬の白神岳

 11月16日  単独行

 日本全国が小春日和、絶好の行楽日和という天気予報に誘われて、白神岳に行って来ました。
 午前4時30分真っ暗な中を能代出発。上空は星空、オリオンの三つ星が西に見え期待が深まる。5時20分、黒崎口駐車場着。さすがに車はない。真っ暗。星がきれい。5時30分、ヘッドランプの明かりを頼りに出発。二股分岐あたりから明るくなる。マテ山コースに入る。しだいに足元に残雪。山頂方面が朝日で明るい。最後の水場の水量が少ない。周囲のブナは葉を落として、見通しがよい。7時20分マテ山分岐着。積雪20cmほど。つぼ足で軽いラッセル。しだいに積雪が増え、けっこうなラッセル。上空に青空が見えるが、山頂の稜線は雲の中。大峰分岐手前の急登では完全にガスの中。積雪も30cmほど。登山道の窪地が吹きだまりになり、膝近くまで埋まる。きついラッセル。大峰分岐から30分を費やし、9時23分やっと山頂着。駐車場から4時間ほどかかったことになる。山頂からは何も見えず、寒い。避難小屋で昼食後、下山。途中青森からの4人グループとすれ違う。大峰分岐付近ではタロンペ氏と遭遇。一緒に登ればよかったと後悔しながら下山。この日の登山者は8名。下りは雪が踏まれて歩きやすい。
 下界は快晴なのに、山頂はガスの中でした。そろそろスノーシューの活躍の時期です。 登り、3時間53分、下り、3時間5分、行動時間7時間45分でした。
 



マテ山手前の急登、葉を落としたブナ林CIMG2039.jpg



7時頃、やっと夜明けCIMG2040_20131117220050b0c.jpg



一瞬の青空とブナCIMG2050.jpg



山頂の祠も雪の中CIMG2061.jpg



避難小屋も寒そうCIMG2064.jpg



山頂は深いガスCIMG2071.jpg



大峰分岐付近で一瞬の晴れ間CIMG2081.jpg



山頂を目指す4人のグループCIMG2083_20131117220137951.jpg



大峰岳への稜線CIMG2092.jpg



痛々しい夫婦ダケカンバCIMG2098_2013111722014460d.jpg



登山道入口に残されたわずかの紅葉CIMG2116.jpg



この時期の醍醐味、落ち葉のじゅうたんCIMG2124.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: