ニッコウキスゲとモウセンゴケの森吉山へ

 2012年 7月21日    単独行 

 18日に鳥海山に登ったばかりですが、この2日間の絶好の登山日和に誘われて、所用のため能代に2時に帰る計画で、森吉山を速攻登山しました。
 午前8時能代から阿仁スキー場へ。駐車場には百台ほどの車と大型バスも。ゴンドラ駅舎脇で、小学生の登山大会の開会式か60人ほどが集まっている。混雑を避けて、9時50分ゴンドラ乗車。20分余りでゴンドラを降りると、駅舎周辺は20人ほどの登山客で大混雑。少し蒸し暑い中を周囲のゆっくりペースに合わせて出発。花が多いとは言えないが、ゴゼンタチバナ、ギンリョウソウ、マイズルソウ、オオバキスミレなどが目につく。一転、石森周辺はニッコウキスゲの大群落。ここから山頂近くまで黄色のニッコウキスゲと白色のハクサンボウフウが登山道脇を飾っている。気持ちのよい登りだ。山頂直下の稚児平はチングルマの実が薄茶色のじゅうたんのよう。3cmほどに伸びた羽毛状のめしべの花柱が光を受けて輝いている。山頂には20人ほどの登山客。爽やかな風で、気持ちがよい。思ったより展望はよくない。鳥海山、岩手山、秋田駒ヶ岳が雲の上に頭を出している。混雑を避け、山人平を目指す。雪解けが遅い東斜面にはチングルマの花やヒナザクラ、イワカガミが咲いている。チングルマの実と花が同時に楽しめる。山人平手前の湿原に密生したモウセンゴケを発見。びっしりとした密度に大感激。毎回、新しい発見があるが、今回の登山ではこれが最大の発見。11時15分山人平着。枯山水のような美しい山人平にはさすがにほとんど登山客はいない。登り返して山頂で昼食。下山には、小学生の団体とすれ違う。引率の先生が一番バテているよう。
 ニッコウキスゲとモウセンゴケに感激の森吉山でした。森吉山もよい山です。
登り、ゴンドラ降り場より山頂まで45分、山人平まで1時間、山頂に登り返して1時間30分、
下り、山頂よりゴンドラ乗り場まで48分、
行動時間はゴンドラの40分を含めて、3時間でした。



CIMG1984.jpg
ゴンドラ駅舎脇で登山大会開会式


CIMG1993.jpg
石森付近のニッコウキスゲと奥岳


CIMG2000.jpg
登山道の両脇にニッコウキスゲ


CIMG2007.jpg
チングルマの実(稚児平)


CIMG2020.jpg
チングルマの花(東斜面)


CIMG2013.jpg
ハクサンシャジン(稚児平)


CIMG2015.jpg
森吉山山頂には20人ほどの登山客


CIMG2017.jpg
岩手山は雲の上


CIMG2040.jpg
モウセンゴケの群落(茶色の部分がモウセンゴケ)


CIMG2041.jpg
密生したモウセンゴケ


CIMG2042.jpg
モウセンゴケ


CIMG2046.jpg
可憐なアカモノの花 


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: