5月 残雪と新緑の白神岳

 5月20日    単独行

 新緑を求めて、白神岳に行ってきました。
 曇天の中、5時30分能代出発。この時間、すっかり明るい。昼食を買い込み、黒崎の駐車場へ。さすがに平日であり、車は駐まっていない。6時22分出発。記帳所で登山届を出す。届け出用紙、方法が変わったようだ。二股分岐から二股を目指す。ヒバが倒れ、登山道をさえぎるところが1カ所、斜面が崩れて注意を要するところが1カ所あるが、通行に支障はない。二股までのブナ林はすっかり濃緑になっている。二股の水量は昨年より多いように思うが、2本の木を渡しており、徒渉は問題ない。感謝である。二股はムラサキヤシオツツジが満開。急登の両側に咲いている。きつい登りを行くと、しだいにブナの葉が新緑に変わる。コヨウラクツツジ、サンカヨウ、イワウチワなど目を楽しませてくれる。標高900m付近から残雪。ブナも美しい新緑から芽生えに変化。虫がまとわりつき、防虫剤も効果なし。1100m付近までついてくる。最後の急登は相変わらずきつい。ウグイスの鳴き声を聞きながら10時10分、山頂着。期待した展望は森吉山がやっと見える程度。山頂部には雪はないが、斜面には大量の雪。早い昼食を食べ、40分ほどで下山。大峰分岐までは雪上。大峰分岐下部の急登にはミヤマキンバイが咲き始めている。ここから下るに従って、葉をつけていないブナが、芽生え、新緑、濃緑と変化していく。日が差してきてきれいだ。蟶山分岐からがブナも濃い緑で気温も上がり夏山のようだ。13時駐車場。
 白神岳には冬、秋、夏と季節によりそれぞれに魅力があるが、この時期は残雪と標高によるブナの変化が目を楽しませてくれる。
登り、二股まで1時間32分、山頂まで3時間48分、
下り、2時間10分,総行動時間6時間38分でした。
 

二股までのブナはすっかり緑色CIMG3904.jpg



水量の多い二股、木の橋に感謝。CIMG3925.jpg



二股急登の新緑のブナCIMG3945.jpg



ブナの花、今年は豊作?CIMG3949.jpg



登るに従い、ブナの緑色が薄くなる。CIMG3967.jpg



さらに登るとさらに薄く。CIMG3973.jpg



二股の尾根を見下ろす。CIMG3991.jpg


山頂をひとり占め。
CIMG4000.jpg



山頂より避難小屋方面、東斜面は雪。CIMG4008.jpg



白神川のブナの新緑の変化。CIMG4014.jpg



標高1100m付近のブナはまだ葉をつけていない。CIMG4039.jpg



下るとブナの芽生えCIMG4049.jpg



標高1000m付近のブナはさわやかな緑色CIMG4061.jpg



さらに下ると、ブナの緑が濃く、葉の数が増える。CIMG4070.jpg



標高900m付近がまぶしいばかりの新緑でした。CIMG4082.jpg



蟶山下部のブナ、夏のように濃い緑色CIMG4106.jpg



スミレサイシン
CIMG3891.jpg



クロモジの花
CIMG3912.jpg



二股はムラサキヤシオツツジが満開でした。CIMG3916.jpg



イワウチワ
CIMG3930.jpg



ハウチワカエデの花CIMG3959.jpg



オオバキスミレ
CIMG4017.jpg



シラネアオイ
CIMG4029.jpg



ガマガエルがお見合いをしていました。CIMG4110.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: