桐内沢から森吉山

 6月3日   二人行

 暑い一日になりそうでしたが、森吉山に行ってきました。コースは旧桐内沢部落から松倉コースを登り山頂、下りは一の腰経由で様田コースです。
 5時30分、2台の車で出発。1台をコメツガ山荘に駐め、もう1台で旧桐内沢部落へ。桐内沢部落は平成4年ダム築造によって移住。当時は20軒ほどの住居と分校、神社などがあったことが石碑に刻まれている。7時15分出発。少し蒸し暑い。右に桐内沢を見ながら杉林にかこまれた林道を行く。松倉沢に入ると道がぬかるんで歩きにくい。土、日曜日に下見に入った高校生の踏み跡も苦労がうかがわれる。8時50分、やっと左の尾根に取り付く。しばらくは新緑のブナ林が楽しめる。9時25分、松倉コース入口着。登山道はよく整備されていて歩きやすい。垢離取場の水場周辺は新緑のブナ林。緑のシャワーを浴びながら休憩。ここから上はササが生い茂り、つまらない登り。勘助道との出会いから残雪。雲嶺峠からの稜線はたっぷりの雪。すこしかすんでいるが、いつみても山頂がきれいだ。森吉神社の周辺は雪が融け、ショウジョウバカマ、ノウゴウイチゴが咲いている。登山客が数名登っている。12時30分山頂着。同行したタロンペ氏と二ツ井から来たという登山者が山頂に。岩手山、秋田駒ヶ岳がぼんやり見えるが、白神山地方面はまったく見えない。虫がまつわりついているが、わずかに冷たい風があり、心地よい。山頂周辺にはミツバオウレン、イワナシなど、またチングルマも咲き始めている。昼食を食べ、13時15分下山。石森をショートカットして一の腰へ。ここから下は雪解け水が登山道を流れ下り、非常に歩きにくい。でもブナの新緑はきれい。15時45分、コメツガ山荘着。予定以上に時間がかかってしまった。
 私の個人的な理由で、同行者につまらない桐内沢コースを付き合ってもらいすまないと思いましたが、下山後歩くことがないコースを歩けたと笑顔で答えてくれました。感謝です。 
 登り、松倉沢コース入口まで2時間10分、山頂まで5時間15分、
 下り、一の腰まで1時間15分、コメツガ山荘まで2時間30分、行動時間は8時間15分でした。




当時を偲ばせる桐内沢部落跡地の石碑CIMG4138.jpg




桐内沢コースは杉に囲まれた林道と登山道CIMG4139.jpg



松倉コース入口の標柱、熊の絵がこわい。CIMG4180.jpg


垢離取場の水場
CIMG4210_20140604111749e9c.jpg



登山道の両側はブナの新緑CIMG4201.jpg


大きくしわが寄ったブナの巨木の幹CIMG4206.jpg


参拝道のお陰かブナの巨木が残っている。CIMG4207.jpg



周囲の新緑の美しいブナ林CIMG4217.jpg


いつ見ても美しい森吉山山頂CIMG4234.jpg



避難小屋周辺は1m弱の積雪CIMG4250.jpg



山頂で同行者のタロンペ氏と二ツ井からの登山者CIMG4253.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG4265.jpg



ブナの実生
CIMG4225.jpg



森吉神社周辺のショウジョウバカマCIMG4247.jpg



山頂周辺はイワカガミが咲き始めCIMG4259.jpg



山頂周辺でチングルマも咲き始めCIMG4261.jpg


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: