太平山萩形コース

 2014年10月19日   三人行

  前日、ショウスケ氏に太平山萩形コースに行こうとメールしたところ、即刻オッケーの返答。タロンペ氏も誘って、久しぶりに3人で行ってきました。
 当日、午前6時、サンウッドに集合。2台の車で萩形に向かう。ショウスケ氏の先導で不明な道路を行く。国道から萩形街道に入り、ダムをこえて7時20分萩形キャンプ場着。ガスの中のキャンプ場は荒れ果てており、30年ほど前とは大違い。すぐ上部に萩形分校跡石柱がヤブの中に立っている。往年の賑わいの跡。萩形林道分岐には昭和43年設置の大きな看板。荒れた林道を慎重に進むが、分岐から2.5kmほどで通行できず。ここに駐車し、8時30分出発。金兵衛沢、天上沢を通過し、峰ルート登山道入口に着いたのが9時10分。何故か、標柱に赤いヤッケがくくりつけられている。ここから沢を登る。まもなく右に入る登山道を見逃し、沢を詰めることにする。途中で右の尾根に上がり、ヤブこぎ。予想していたとはいえ、きつい。トップを行くショウスケ氏に難儀をかける。右に曲がると突然登山道が。歩きやすい登山道である。ホッとして尾根を目指す。途中、ブナの紅葉がまっ盛りで、美しい黄金色のブナに驚嘆。写真におさめながら10時40分、尾根上の冷水着。標柱には登山口まで1km、1時間半費やしたことになる。紅葉の中尾根上のアップダウンをくり返し、11時40分、萩形沢の上部から上がってくる登山道との分岐、鞍部の土地見平着。沢へ下る登山道はテープで通行止めになっている。そのすぐ上の1010mピークで昼食。30分ほどで下山。日が差し、少し蒸し暑い。下山の登山道は歩きやすい。見逃した沢から尾根への登山道を確認して14時5分林道へ。キノコ取りのおばちゃんとの会話を楽しみ、14時5分、車着。帰路、タロンペ氏の希望でソフトクリームを捜すが見つけられず、16時50分能代着。
 林道歩き、沢登り、ヤブこぎ、ブナ林の紅葉、おばちゃんとの会話と、楽しさ満載の山行でした。素晴らしいコースだと思いますが、あまり使われていないのが残念です。往復するには、かなりの早出が必要です。いつかトライしたいものです。 
駐車した場所から登り、約3時間30分、下り約2時間10分でした。 




赤いブナと緑のブナ
CIMG6483.jpg



さみしい萩形キャンプ場
CIMG6364.jpg



ここに分校があったんですね。
CIMG6370.jpg



小畑勇二郎名の離村記念碑
CIMG6373.jpg



昭和43年の登山道案内板
CIMG6374.jpg



ここに車を駐め出発
CIMG6378.jpg



濡れて滑る林道を行く
CIMG6385.jpg



峰コース入口の痛んだ標柱
CIMG6397.jpg



滑る沢を登っていく
CIMG6400.jpg



このヤブをこぐことに。
CIMG6406.jpg



呆然と立ちすくむショウスケ氏
CIMG6411.jpg



やっと登山道に出ました
CIMG6419.jpg



青空がでてきました
CIMG6426.jpg



美しいブナ林
CIMG6428.jpg



紅葉の尾根を行く
CIMG6455.jpg



沢に下りるコースにテープがはられた土地見平
CIMG6470.jpg



最後のピークをめざす
CIMG6471.jpg



御衣森(みそもり)(右手前)と白子森(左奥)
CIMG6473.jpg



3人で記念撮影(ショウスケ氏より)
DSCN7722.jpg



萩形ダム
CIMG6516.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

☆同行者ショウスケ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: