真瀬岳(八峰町・白神山地)

 2014年11月8日   単独行

 真瀬岳の登山道が荒れているということで、ずっと気になっていましたが、12年ぶりに今回現地視察をしてきました。
 8時30分、どんよりした曇り空の中、中の又林道をめざす。林道入口には通行止めの看板。1カ所だけ路肩が崩れかけてテープを張っているところがあり、そのためと思われる。5.2kmほどの中ノ又林道はデコボコが少なく快適。登山道入口で看板を修理している人がいる。ボランティアということで感謝である。中腹の岩のあるところまでは刈り払いしているが、その上はヤブとのこと。9時30分、沢を渡って出発。記憶を頼りに進む。2回目の徒渉があり、杉林へ。落ち葉で登山道がおおわれ、わかりにくい。40分ほどで標高550mほどの尾根に取り付く。杉林をこえてもきれいに刈り払いされている。標高700m付近の岩をこえても刈り払いが続く。最近、刈り払いしたような感じだ。喜んでいたら、780m付近からヤブに。次第にヤブが深くなり、山頂直下は身長をはるかにこえる高さのササ。登山道を見失わないように地面だけ見て進む。11時20分、突然山頂に飛び出す。あいかわらず狭い。周囲のササも高く展望があまりよくない。それでも、二ツ森、泊岳、藤駒岳、能代市が見える。パンを食べ11時40分下山。ササやぶを一気に下るが、登山道を見失いそう。途中で白神岳が見える。山頂が白い。秋田市からの2人組の登山者とすれ違う。よく来たなあと感心する。12時55分登山道入口着。
 真瀬岳は、秋田の山のガイドブック「秋田の山登り50(奥村清明著)」「秋田の山(山の渓谷社)」で紹介されている山であり、そんな登山者のためにも刈り払いを山頂までしてもらいたいものです。
 登り1時間50分、下り1時間15分、総行動時間3時間35分でした。




標高800m付近からの真瀬岳
CIMG6982.jpg



真瀬岳ルート図 国土地理院2万5千分の1地形図「二ツ森」
IMG_2014110819473805a.jpg



中ノ又林道入口
CIMG7022.jpg



黒滝
CIMG6949.jpg



登山道入口で標識の修理
CIMG6952.jpg



真瀬岳登山道分岐点の標柱、どこの分岐?
CIMG6955.jpg



杉林の中を行く。
CIMG6957.jpg



きれいに刈り払いされたササ
CIMG6961.jpg



標高700m付近の岩
CIMG6970.jpg



赤テープを目印にヤブこぎ
CIMG6980.jpg



太いブナも
CIMG6986.jpg



遠くに二ツ森
CIMG6993.jpg



泊岳も
CIMG6994.jpg


山頂にてセルフタイマーで記念撮影
CIMG6997.jpg


遠く能代市が見えました
CIMG6999.jpg



林床はササでおおわれている
CIMG7004.jpg



このヤブをこぐことに
CIMG7006.jpg




足下はこんな感じ
CIMG7007.jpg



頂が白い白神岳
CIMG7011.jpg



登山口に2台の車
CIMG7020.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

本日はお疲れ様でした。登山口に先行者の車があり、物好きな人もいるものだな(お互い様ですが)と思いましたが、センセイでしたか。
お久しぶりです!!
私のことはうろ覚えかもしれませんので、一応話すと御子息より2学年上、イチ○セキくんと同期で数か月山岳部でお世話になりました。ちなみに卒業の時に頂いたガスバーナーはまだ現役で働いてくれています。19年選手です。
ブログのことは以前からチラホラと拝見させていただいておりました(某、前カントクのブログからしりました。)
山は高校卒業後しばらくやってなかったのですが、社会人になってから数年してからまた戻ってきました。あまり県北の山に行くことはありませんが、またどうぞよろしくお願いします。

お疲れ様でした!

やぶ漕ぎ!お疲れ様でしたm(_ _)m
私は、午前5時に出発して、午前2時に帰宅しました。眠かったです。
挙げ句の果てに、大内ジャンクションで高速の工事中で、一般道に下ろされて、迷いました。
すれ違った登山者が近藤さんでしたか!能代高校山岳部でしたよ!
なかなか日程が合いませんが、また誘ってください!

真瀬岳

真瀬岳、お疲れさまでした。
 この山では絶対に他の登山者とは会わないと
思っていたので、熊かとびっくりでした。
失礼しました。
久しぶりにお会いして、懐かしく思いました。
また、嬉しく思いました。
19年前にタイムスリップでした。
お元気で何よりです。
 よく、コースを見つけて上がってきたものだと思いました。
ルートが消えていたので。
山頂直下のヤブこぎ、いかがでしたか?
ショウスケ氏に鍛えられたので、大したことなかったかもしれませんね。
私はまいってしまいました。
 また、どこかでお会いできたら楽しいですね。

No title

藪こぎは2年生のときの羽後焼山以来できつかったですよ。独りじゃ途中で断念してたと思います。登山道がない焼山とはちょっと状況が違いますが途中ではかなり滅入ってました。
主稜線にでるまでの登山道はみつけていません。ピンクテープを目印に、とは思ったもののほぼ直登しました。下山時には、ちゃんと登山道を降りてこれました。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: