師走の白神岳

2014年 12月10日   単独行

 12月に入り、悪天で登山できない日が続いていますが、この日いくらか天気がよさそうだったので、急遽、白神岳に行ってきました。
 4時半起床。除雪車が置いていった雪を片付け、5時30分能代出発。天気が良くなりそうな上空だったが、青森県に入るとどんよりとした曇り空。駐車場への林道は工事現場入口まではきれいに除雪、その奥は15cmほどの積雪だが、何とか駐車場まで車で入る。スノーシューをはき、7時出発。20cmほどの積雪がしだいに深くなる。記帳所のノートによると、12月に入り入山者は記帳されていない。蟶山への冬道に入る。雪が少なくササがやぶになっている。雪が重く、踏ん張ると崩れ、登りにくい。わずかに冷たい北風。冬道入口から2時間かかって蟶山へ。周囲のブナは雪をまとって真っ白。山頂をめざすが、雪が深く重いため、きついラッセルを強いられる。ヤブと、雪に押しつぶされた枝が行く手をさえぎり、思ったより距離が稼げない。風はないが、寒い。雪を抱えたブナやダケカンバがきれいだ。11時30分、977m標高点の次の1000mピーク到着。山頂はガスで見えない。体力的にも時間的にも山頂は無理と判断、山頂をあきらめ、ここから引き返すことに。寒い中で昼食後下山。午後1時蟶山着。ここから1時間かけて冬道入口へ。駐車場には2時35分着でした。
 この時期の白神岳は、雪が軟らかく深いためラッセルがハードで、単独行で山頂は困難に思います。山頂をめざすには数人が交替でラッセルして距離を稼ぐ必要がありそうです。
  登り、1000mピークまで4時間30分、下り、2時間45分、総行動時間7時間35分でした。




幸いにも駐車場まで入れました。CIMG7414.jpg



蟶山の冬道はササやぶCIMG7420.jpg



冬道にこんな巨木が。CIMG7424.jpg



やっと遠くに蟶山の看板CIMG7428.jpg



蟶山山頂の雪は少ない。CIMG7429.jpg



ブナの霧氷がきれい
CIMG7438.jpg



一面、白の世界
CIMG7454.jpg



行く手をさえぎる樹木と雪CIMG7455.jpg



1000mピークで記念撮影CIMG7463.jpg



ブナの幹の黒と雪の白のコントラストがきれいCIMG7470.jpg



ブナの巨木もさむそうCIMG7472.jpg



寄り添うような夫婦ダケカンバCIMG7474.jpg



一瞬、日差しが。
CIMG7489.jpg



雪の三角帽子をかぶった標柱CIMG7491.jpg
 


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: