最高の登山日和に白神岳へ

2017年 2月28日         二人行

 好天が間違いないこの日、タロンペさんを誘って2月16日たどり着けなかった白神岳に行ってきました。
 6時30分登山口で合流予定であったが、タロンペさんは1時間ぐらい先に出発するとのこと。5時15分、真っ暗な中を能代出発。気温マイナス6度、上空には星が見える。いつもの通り、朝・昼ンビニで調達し黒崎登山口をめざす。日の出は6時11分。青森県に入るころにやっと明るくなる。国道から見る白神岳がくっきり見える。6時20分白神川への林道工事入口着。タロンペさんの車一台だけ留められている。予定通り6時30分出発。気温マイナス3度。2か所ほどショートカットをして6時45分記帳所着。下山ノートにK女史の名前。前日、標高950mまで登ったらしい。タロンペさんを追いかけて登山道に入る。急ぐほどに汗が噴き出す。20分ほどで冬道入口。蟶山への急登に入るが、Kさんとタロンペさんのトレースがあり、楽ちん楽チン。どんどん標高が稼げる。感謝、感謝である。右から朝日が差し込み、上空は真っ青。白神岳が歓迎してくれている。8時5分、蟶山着。ここで久しぶりのタロンペさんと合流。ショウスケさんもくるかなあなどと雑談。ここからは先を行く。Kさんのワカンのトレースが山頂を目指している。30cmほどの深さのラッセルの跡。難儀したことが伺われる。次第に周囲のブナは雪を抱え、白の世界に。バックの真っ青jな空に映え、美しい。Kさんのトレースに助けられ、ブナ林を気持ちよく登る。標高950m付近でトレースが終わっている。ここで引き返したらしい。ここまでのトレースに感謝。ここから深さ30cmほどのラッセル。雪が重く足に負担が大きいが、周囲の美しいブナと真っ白な稜線が背中を押す。稜線への急登は一部クラストしており、スノーシューのアイゼンを効かせて無事登り切る。10時10分大峰分岐着。青空の下に雪原が広がる。向白神岳、岩木山がお出迎え。岩木山は中腹に黒い雲をかかえている。ここからタロンペさんが先を行く。左に向白神岳への稜線、右に日本海を眺めながら気持ちのよい稜線歩き。最高の気分。今年雪が多いのか、避難小屋の2階の入り口が雪でふさがれている。タロンペさんの山頂で「やった!」の大きな声。10時30分山頂着。無風、気温7度。日差しが暖かく感じる。鳥海山、岩手山は見えないが、展望はよい。山頂トイレ脇で昼食。素手を出しても冷たくない。下るのがもったいないと言いながら、11時25分下山。のんびり、ゆっくり下る。大峰分岐からの急斜面で一人の登山客とすれ違う。秋田市から来たそうで、トレースのお礼を告げられる。次第に腐ってくる雪を踏みながら12時40分蟶山通過。ここからの急斜面に難儀をしながら13時15分冬道入口着。ここでスノーシューを脱ぎツボ足で下る。13時35分記帳所、13時55分車へ。タロンペさんと握手をして別れる。ハタハタ館が休館のため、白神温泉で汗を流し帰宅。
 素晴らしい好天に恵まれ、最高の登山でした。四季折々白神岳は楽しめますが、天気に恵まれた時のこの時期の白神岳は格別です。
 登り、蟶山まで1時間55分、大峰分岐まで3時間40j分、山頂まで4時間
 下り、蟶山まで2時間10分、車まで3時間25分、山行時間は7時間25分でした。
 、



国道から見た白神岳のシルエットが美しい
CIMG4929.jpg



遠く白神岳が見える白神川林道工事現場入り口に駐車
CIMG4931.jpg



朝日が差しこむブナ林にトレースが続く
CIMG4943.jpg



タロンペさんと蟶山で合流
CIMG4953_2017030117525041a.jpg



ブナ林の向こうは真っ青
CIMG4968.jpg



標高1000m付近のブナの樹氷
CIMG4979_20170301175315203.jpg



樹氷の向こうに稜線への急登
CIMG4986.jpg



大峰岳への稜線
CIMG5003.jpg



夢中で写真を撮る私(タロンペさん撮影)
P2280048.jpg



足を踏み入れて申し訳ない!
CIMG5010_20170301175319a62.jpg



日本海をバックに稜線への急登を登るタロンペさん
CIMG5016.jpg



急登から見えた白神岳山頂方面
CIMG5029.jpg



今回も向白神岳、岩木山がお出迎え
CIMG5034.jpg



山頂をめざすタロンペさん
CIMG5042_20170301175520b26.jpg



雪に埋もれた避難小屋
CIMG5046.jpg



向白神岳(左)と岩木山(右)をバックに久しぶりのツーショット
CIMG5052.jpg



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG5053.jpg



藤里駒ケ岳(奥)と小岳(手前)
CIMG5065_20170301175550d1d.jpg



二ツ森
CIMG5066.jpg



秋田から来た登山者と会話(タロンペさん撮影)
P2280078.jpg



樹氷の中を下るタロンペさん
CIMG5076.jpg



青空は下山時も
CIMG5098.jpg



タロンペさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/



悪天で蟶山まで

2017年 2月16日    単独行

 2月の白神岳山頂を踏む目的で、白神岳を目指しましたが・・・・・。
 5時20分、真っ暗な中を能代出発。星が見えないのが気にかかる。いつもの通り昼食を調達し、黒崎登山口を目指す。国道から白神岳がくっきり見える。期待できそう。国道から歩くことを覚悟していたが、林道が除雪されている。やっと車が一台通れるだけの幅だが、工事中の白神川への林道入口まで。数日前に除雪ばかりのようだ。ラッキーである。林道には80cmほどの積雪。スノーシューを履いて、7時出発。気温3度、上空は明るい。30cmほど埋まる締まった重い雪。駐車場を過ぎ、30分ほどで記帳所着。登山届を出すために、雪で覆われた扉を開ける。1月18日の私の記帳の後、2月2日に登った人がいる。天気はどうだったかな?などと思いながら、ブナ林に入る。冬道入口に着く8時ごろから雨が降り出す。急登のヤブは雪に押しつぶされているが、雪が深く重い。次第に南からの冷たい風。そしてガス。予想以上の悪天に気持ちが折れそう。とりあえず蟶山までと先を急ぐ。9時55分ガスに覆われた蟶山着。雨はみぞれに変わり、ウェアがびっしょり。冷たい南からの強風、周囲は深いガス。上空はどんよりした雲。山頂方面の不気味なシルエットが「今日は登るな!」と言っている。残念だが下山することに。毎年、この時期に1回引き返しているなあと思い出しながら一気に下る。50分ほどで冬道入口、11時20分記帳所、12時前には駐車した白神川への林道入口着。国道から見上げた白神岳は黒い雲に覆われている。物足りなさと空しい気持ちを抱えて帰途につく。
 早すぎる帰宅に、もう少し粘ってもよかったかなあと思う山行でした。
 登り、記帳所まで30分、冬道入口まで1時間、蟶山まで2時間55分、
 下り、蟶山から冬道入口まで45分、記帳所まで1時間10分、白神川林道入口まで1時間45分,,山行時間は4時間50分でした。
 
 


白神川への林道入口に駐車
CIMG4897.jpg



林道の奥に白神岳の稜線が見えたのですが・・・・。
CIMG4898.jpg



やっと記帳所の中に入る
CIMG4902.jpg



細いブナが広がる蟶山への尾根
CIMG4907.jpg



次第にガスに覆われる
CIMG4908.jpg



蟶山周辺は深いガス
CIMG4912.jpg



みぞれで濡れた蟶山の看板
CIMG4914.jpg



雪で遮られた登山道
CIMG4921.jpg
 

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
 

今年の登り初め・白神岳

2017年 1月 8日   二人行

 息子が前日(7日)登山靴を購入、その履き初めと今年の登り初めで白神岳に行ってきました。
 七草粥を食べ、5時30分真っ暗な中を能代出発。予報通り星が見える。今日は好天が期待できそう。6時30分日の出。駐車場で山仲間の誰かに会えるかと期待したが、車はなし。駐車場の積雪は20cmほどだが、上部の記帳所まで行くのはあきらめる。7時スノーシューを履いて出発。登山届を出して7時40分冬道入り口。積雪が少ないが、冬道に入る。ヤブをかき分けながら、急登へ。雪が少なく崩れやすく、踏ん張りがきかない。ササヤブが邪魔してきつい登り。夏道を利用した方がよかったかなあという思いが何度も浮かぶ。先頭を交互に代わりながら登るが、体力がどんどん削られていくのがわかる。急登が終わると今度は膝までのラッセルとヤブ。雪が重い。痙攣しそうになりながら10時蟶山着。通常は2時間ぐらいで登るのが、今回は3時間を費やす。ロッテラミーチョコとキットカット、みかん、アクエリアスで休息。上空は真っ青。天気に元気づけられて山頂めざして出発。相変わらず膝までのラッセル。標高1000m付近に美しいブナの霧氷が広がる。稜線への急登手前で写真を撮っていたら、一人の登山者が追いつく。蟶山までの予定であったが、ラッセルしてあったので登ってきたとのこと。ラッセルのお礼を言って先を行く。雪を抱えた灌木を縫うようにラッセルしていく。ありがたい。感謝である。急登も30cmほどのラッセル。上空は青空、振り返ると日本海、最高の気分。12時30分大峰分岐着。向白神岳、八甲田山がお出迎え。ここからは硬い雪面の気持ちのよい稜線歩き。北東の冷たい風はあるが、苦になる寒さではない。12時50分山頂着。岩木山はもとより八甲田山、岩手山、鳥海山がくっきりと見える。息子がこんな展望初めてだと大喜び。苦労した甲斐があったというもの。気温0度だが、小屋で冷たい風を避けるとポカポカ。おにぎりをほおばり13時30分下山。きれいであった霧氷が溶け出してポタポタ降ってくる。雪面も腐ってきている。気温が高いのだろう。14時45分蟶山着。ここからの急な下りは足への負担が大きい。右足の小指が痛いのを耐えながら16時駐車場着。
 これ以上ない好天に恵まれ、美しい白神山地を楽しめました。5時間50分というつらいつらい登りを補って余りある素晴らしさでした。 
 登り、蟶山まで3時間、大峰分岐まで5時間30分、山頂まで5時間50分、
 下り、蟶山まで1時間45分、駐車場まで2時間30分、山行時間は9時間でした。




駐車場は20cmほどの積雪
CIMG4306.jpg


蟶山への急登
CIMG4313.jpg



遠かった蟶山
CIMG4319_20170110155528bae.jpg



ウサギの足跡が道案内
CIMG4324_20170110155529612.jpg



次第に周囲は真っ白
CIMG4334.jpg



標高1000m付近はブナの霧氷
CIMG4349.jpg



ブナの巨木も今日は気持ちが良さそう
CIMG4360.jpg



稜線を目指して登る
CIMG4373.jpg



雪の灌木をぬって進む
CIMG4374.jpg



稜線と山頂
CIMG4386.jpg



稜線への最後の登り
CIMG4393.jpg



自然の造形美
CIMG4394.jpg



日本海をバックに稜線をめざす
CIMG4396.jpg



向白神岳と岩木山(中央奥)
CIMG4406.jpg



稜線を山頂めざす
CIMG4408_2017011015564694f.jpg



山頂への最後の登り
CIMG4422.jpg



小屋のわきをぬけて山頂へ
CIMG4425.jpg


おとぎの国のような山頂からのながめ
CIMG4426.jpg



感激と疲労の記念撮影
CIMG4432_201701101557579d7.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG4433.jpg



岩手山
CIMG4437.jpg



八甲田山
CIMG4440_20170110155825af7.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

「山靴納め」で白神岳へ

2016年12月25日    単独行

 今年の山登りの最後、「山靴納め」に白神岳へ行ってきました。
 森吉山にしようか、白神岳にしようか悩みに悩み、スキーとスノーシューを車に積んで5時20分能代出発。結局、白神岳に向かう。気温2度。三日月が時々顔を出す。駐車場を過ぎ、40mほど上部の記帳所脇に駐車。5cmほどの積雪。スノーシューを履いて、7時10分出発。山頂まで行けるか不安を抱えながら先を急ぐ。2週間前より、わずかな積雪の増加。冬道は30cmほどの積雪で、しばらく使えそうもない。7時40分、二股分岐着。上空はどんよりとした曇り空。最後の水場まで歩きにくく50分も費やす。山頂は無理かなあと不安。ここから霧氷のブナ林が迎えてくれる。蟶山へのつらい急登で、朝日が差し込み、霧氷がキラキラ輝いて、きれいだ。一気にモチベーションが上がる。9時25分蟶山分岐着。ここからは霧氷をつけたブナ林の回廊を縫いながら登る。曇り空だが、気持ちのよい尾根歩き。でも、40cmほどのラッセルがきつい。時々青空が広がり、あざやかな霧氷のブナを写真に納める。標高1000mを過ぎると、雪をつけた低灌木が行く手をさえぎる。首すじに雪が落ちてきて、気持ちが悪い。稜線への急登は穴だらけ。ズボズボ踏み抜きながら、這うようにして登ることも。稜線は雲の中だが、下界はきれいに晴れている。白い尾根の向こうに岩崎、日本海が広がる。素晴らしい眺めだ。11時35分大峰分岐着。周囲はガスで向白神岳が見えない。冷たい西風。冬場は下界が晴れていても、稜線は悪天が多く注意が必要だ。稜線を山頂目指すが、クラストしている箇所もある。帰りを考えて、赤テープを打ちながら進む。12時山頂着。ガスで気温マイナス2度。西風が冷たい。記念撮影をして15分ほどで下山。稜線の途中で、一瞬ガスが晴れ、周囲が見渡せる。向白神岳、弘前、藤里駒ケ岳、二ツ森が確認できる。写真を撮っていると、またすぐ深いガスに。先ほどのふみ跡がもう消えている。冬の稜線はこれだからこわい。ブナ林に入って、パンをほおばる。日が差し込み、ほどよい暖かさ。日に照らされた霧氷のブナ林を下るのは最高。青空も広がって、下るのが惜しく感じる。苦労して登ったふみ跡をだどりながら下るのも気分が良い。14時30分蟶山分岐着。ここから水場まで30分、二股分岐まで30分、登山口まで30分。15時55分夕日が差し込む登山口着。
 最後の水場から稜線まで、霧氷で覆われた美しいブナ林が連続していました。こんな光景は初めてで、感激でした。今回は前日のクリスマスケーキでのカロリー摂取で登り切りましたが、山頂までの体力の消耗は大きいものがあります。 
 登り、蟶山分岐まで2時間15分、山頂まで4時間50分、
 下り、蟶山分岐まで2時間15分、登山口まで3時間40分、山行時間は8時間45分でした。




美しいブナの巨木
CIMG4133.jpg



雪を抱えたヒバが美しい二股分岐
CIMG4099.jpg



蟶山急登で朝日が差し込む
CIMG4102.jpg



青空をバックに霧氷のブナ
CIMG4105.jpg



真っ白い遠くの稜線
CIMG4129.jpg



気持ちのよいブナ林の登り
CIMG4135.jpg



霧氷の向こうに見える景色
CIMG4141.jpg



晴れ渡っている岩崎方面
CIMG4150.jpg



稜線への急登から山頂方面
CIMG4163_2016122618541409d.jpg



穴ボコだらけの稜線への急登
CIMG4165.jpg



日を浴びた蟶山への尾根
CIMG4169.jpg



スポットで日を浴びたブナ林
CIMG4178.jpg



山頂で記念撮影
CIMG4199.jpg



メリークリスマス!!
CIMG4200.jpg



樹氷に囲まれた避難小屋
CIMG4205.jpg



一瞬顔を出した向白神岳
CIMG4209.jpg



向白神岳への稜線
CIMG4225_201612261855173a8.jpg



蟶山尾根の向こうに日本海と岩崎
CIMG4236.jpg



下山時には青空が広がる
CIMG4282.jpg



やっと着いた夕日が差し込む登山口
CIMG4285.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

ラッセル三昧! 12月の白神岳

 2016年12月12日    単独行

 12月4日以降天気に恵まれないが、寒気が幾分緩むこの日、白神岳に行ってきました。深い雪に難渋しました。
 6時55分の日の出に登り始める計画で、5時35分真っ暗な能代出発。途中で朝昼食のおにぎりと行動食を調達。八森に入ると国道に積雪。除雪した跡も。登山道入り口の記帳所脇に駐車。他に車は見当たらない。7時15分、気温マイナス1度、曇り空の中、スノーシューをザックにくくり付けて出発。積雪5cmほど。冬道分岐でスノーシューを履く。二股分岐で積雪が10cmほど。時々朝日が差し込み、好天に期待がふくらむ。8時35分最後の水場着。ここから蟶山への雪を被った急登は登りにくい。這いつくばるようにして登ることも。やっとの思いで9時30分蟶山分岐着。ここから歩きやすいはずが、積雪30cmほどの柔らかい雪で苦しいラッセルを強いられる。足への負担が大きく距離が稼げない。時間だけがどんどん過ぎてゆく。977m標高点着が10時10分。蟶山分岐から1時間20分。こんなに時間を費やすのは初めて。予定の11時に山頂に着けるか?12時か?不安。山頂をあきらめて引き返そうという気持ちが沸く。とりあえずもう少し登る。標高1000m付近からブナの樹氷がきれいだが、ますます雪は深くなる。大峰分岐への急登がまたひどい。深く掘られた登山道に雪が積もり、崩れてくる。真っ白になりながら急登の展望台着が12時。幸い穏やかな天気が後押ししてくれる。12時20分、大峰分岐着。周囲はガス、向白神岳は見えない。稜線も深い雪。さらに雪を抱えたダケカンバが行く手をさえぎる。一瞬、青空と日差し。白神岳のご褒美か。12時57分、山頂着。曇り、マイナス3度、微風、おだやかである。またまた日差しと視界が開ける。向白神岳が顔を出す。尾太岳、秋田駒ケ岳、二ツ森が確認できる。ご褒美?避難小屋は扉が凍りついている。パンをほおばり、13時15分下山。下りは比較的楽である。日本海が黄金色に輝いている。夕暮れが始まる15時蟶山分岐着。どんどん薄暗くなる。急ぎ足で15時35分最後の水場を過ぎ、疲れ切って16時45分登山口着。
 予想以上の深雪で、山頂まで5時間40分を費やしてしまいました。久しぶりに超ハードな山行でした。この時期、単独行には厳しいものがありますね。
 登り、蟶山分岐まで2時間30分、大峰分岐まで5時間5分、山頂まで5時間40分、
 下り、蟶山分岐まで2時間45分、登山口まで3時間30分、山行時間は9時間30分でした。
 



一瞬、日差しと青空
CIMG4005.jpg



記帳所脇に駐車
CIMG3891_20161213162513913.jpg



二股分岐は10cmほどの積雪
CIMG3895.jpg



蟶山分岐下部のブナ林
CIMG3899.jpg



尾根上は30cmほどのラッセル
CIMG3901.jpg



登るに従い、ブナは真っ白に
CIMG3910.jpg



トナカイの角のような雪を着けた低灌木
CIMG3926.jpg



一瞬、ブナの向こうに青空
CIMG3938.jpg



どんどん視界が広がる
CIMG3954.jpg



引き返したい気持ちで登山道を振り返る
CIMG3956.jpg



雪に覆われたブナの巨木
CIMG3962.jpg



樹氷の向こうに見える岩崎
CIMG3973_20161213162607bb3.jpg



12時着、大峰分岐下部急登の展望台
CIMG3992.jpg



登ってきた蟶山への尾根
CIMG3983.jpg



12時20分着、大峰分岐はガスの中
CIMG3996_20161213162611646.jpg



日を浴びて輝く低灌木
CIMG4000_20161213162613e93.jpg



向白神岳への稜線が顔を出す
CIMG4007.jpg



登ってきた蟶山尾根
CIMG4020.jpg



山頂より避難小屋とトイレ
CIMG4022.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG4032.jpg



おとぎの国のような避難小屋
CIMG4034_20161213162701303.jpg



黄金色に輝く日本海
CIMG4059.jpg




◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: