向白神岳の予定が白神岳まで

2017年 3月12日    単独行

今年も向白神岳へ行こうと出発しましたが・・・・・・。
 午前4時25分能代出発。午前10時を過ぎると天気がよくなる予報。星が見えない。5時40分白神川林道入口に駐車。車が一台。山頂泊か今日出発したのか?6時スノーシューを履いて出発。気温2度、曇り空。山頂方面が明るい。林道にトレースがついており、歩きやすい。駐車場を過ぎ、記帳所着が6時20分。登山届を提出する。昨日と一昨日に入山の記録がある。小鳥の鳴き声とドラミングを聞きながら登山道に入る。しっかりとしたトレースがあり、大助かり。いつも苦労する蟶山への急登も楽々。2時間足らずで蟶山に到着。よいペースである。上空はどんよりしたりうす曇りになったり。時々粉雪が舞うことも。次第に周囲のブナ林が着雪で白い。バックが青空だときれいな写真が撮れるのになどと思いながら先を急ぐ。蟶山を過ぎてまもなく、デポした荷物がある。不思議に思いながら、トレースに助けられながら登る。標高1000m付近で2人の登山者に追いつく。 Uさん、向白神岳を目指しているとのこと。ラッセルのお礼を伝え、ラッセルを交代する。30cmほどの重い雪のラッセル。きついがこれまでのラッセルのお返しに頑張るしかない。稜線への急登に入るとガスが深くなる。登るに従い周囲は真っ白。稜線に出ると足元しか見えないほど。後続の二人が確認できない。1235mピークでGPSに電源を入れたら、電池切れ。やむをえず電池交換していたら、Uさんグループが到着。ここから引き返すとのこと。とりあえず避難小屋まで行ってみることを伝え別れる。山頂への鞍部を目指すが、自分の感覚とGPSが指し示す方向が違う。GPSの故障か?などと考えていたら、足元の雪庇にビックリ。10時やっとの思いで山頂着。周囲はこれ以上ないようなガス。避難小屋からトイレが確認できないほど。記念撮影してすぐに下山。すると次第にガスが晴れてくる。帰りに雪庇上の踏み跡を確認したらヤバい。冷や汗。どんどん明るくなってくるが、向白神岳への気持ちは完全に折れてしまっている。向白神岳は見えないが、日本海側はきれいに見渡せる。標高1000m付近でK女史とすれ違う。単独で山頂をめざすとのこと。今までとはうって変わって山頂が楽しめそう。標高1000mピークでサポート役の旦那さんと雑談。ポカポカ陽気に誘われて、蟶山手前のブナ林を眺めながらランチタイム。最高に贅沢な時間。カップ麺におにぎり、パン、ラミーチョコ、コーヒー、デザートのバナナとりんご。超豪華。蟶山からの下りでUさんグループと挨拶を交わし、13時45分車着。
 向白神岳が目標でしたが、そんな気持ちはいつの間にか消えていました。目標達成は次回にお預けです。
 登り、蟶山まで1時間55分、山頂まで4時間、
 下り、2時間20分、車まで3時間35分、山行時間7時間45分でした。




2時間足らずで蟶山通過
CIMG5200.jpg



1本のトレースがブナ林に続く
CIMG5209.jpg



先を行くUさんグループ
CIMG5211.jpg



標高1000m付近のブナ林
CIMG5216.jpg



きつい斜面をラッセル、感謝感謝
CIMG5218_201703131757430a5.jpg



森林限界付近から深いガス
CIMG5220.jpg



やっと見えた山頂トイレ
CIMG5224.jpg



雪に埋もれた避難小屋
CIMG5227.jpg



とりあえずトイレ前で記念撮影
CIMG5231.jpg



下山時、ガスが晴れてトレースが見える、一安心
CIMG5235.jpg



恐ろしい雪庇が顔を出す
CIMG5241.jpg



日本海側からガスが晴れる
CIMG5248.jpg



周囲の山々が顔を出す
CIMG5252.jpg



稜線上空にも青い空
CIMG5262.jpg



蟶山への尾根と日本海
CIMG5266.jpg



ブナ林の向こうに岩崎
CIMG5273.jpg



ブナの巨木
CIMG5279.jpg



日差しの中でランチタイム
CIMG5282.jpg



蟶山急斜面では大きな雪俵
CIMG5284.jpg



帰りの国道から見た白神岳山頂
CIMG5288.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

最高の登山日和に白神岳へ

2017年 2月28日         二人行

 好天が間違いないこの日、タロンペさんを誘って2月16日たどり着けなかった白神岳に行ってきました。
 6時30分登山口で合流予定であったが、タロンペさんは1時間ぐらい先に出発するとのこと。5時15分、真っ暗な中を能代出発。気温マイナス6度、上空には星が見える。いつもの通り、朝・昼ンビニで調達し黒崎登山口をめざす。日の出は6時11分。青森県に入るころにやっと明るくなる。国道から見る白神岳がくっきり見える。6時20分白神川への林道工事入口着。タロンペさんの車一台だけ留められている。予定通り6時30分出発。気温マイナス3度。2か所ほどショートカットをして6時45分記帳所着。下山ノートにK女史の名前。前日、標高950mまで登ったらしい。タロンペさんを追いかけて登山道に入る。急ぐほどに汗が噴き出す。20分ほどで冬道入口。蟶山への急登に入るが、Kさんとタロンペさんのトレースがあり、楽ちん楽チン。どんどん標高が稼げる。感謝、感謝である。右から朝日が差し込み、上空は真っ青。白神岳が歓迎してくれている。8時5分、蟶山着。ここで久しぶりのタロンペさんと合流。ショウスケさんもくるかなあなどと雑談。ここからは先を行く。Kさんのワカンのトレースが山頂を目指している。30cmほどの深さのラッセルの跡。難儀したことが伺われる。次第に周囲のブナは雪を抱え、白の世界に。バックの真っ青jな空に映え、美しい。Kさんのトレースに助けられ、ブナ林を気持ちよく登る。標高950m付近でトレースが終わっている。ここで引き返したらしい。ここまでのトレースに感謝。ここから深さ30cmほどのラッセル。雪が重く足に負担が大きいが、周囲の美しいブナと真っ白な稜線が背中を押す。稜線への急登は一部クラストしており、スノーシューのアイゼンを効かせて無事登り切る。10時10分大峰分岐着。青空の下に雪原が広がる。向白神岳、岩木山がお出迎え。岩木山は中腹に黒い雲をかかえている。ここからタロンペさんが先を行く。左に向白神岳への稜線、右に日本海を眺めながら気持ちのよい稜線歩き。最高の気分。今年雪が多いのか、避難小屋の2階の入り口が雪でふさがれている。タロンペさんの山頂で「やった!」の大きな声。10時30分山頂着。無風、気温7度。日差しが暖かく感じる。鳥海山、岩手山は見えないが、展望はよい。山頂トイレ脇で昼食。素手を出しても冷たくない。下るのがもったいないと言いながら、11時25分下山。のんびり、ゆっくり下る。大峰分岐からの急斜面で一人の登山客とすれ違う。秋田市から来たそうで、トレースのお礼を告げられる。次第に腐ってくる雪を踏みながら12時40分蟶山通過。ここからの急斜面に難儀をしながら13時15分冬道入口着。ここでスノーシューを脱ぎツボ足で下る。13時35分記帳所、13時55分車へ。タロンペさんと握手をして別れる。ハタハタ館が休館のため、白神温泉で汗を流し帰宅。
 素晴らしい好天に恵まれ、最高の登山でした。四季折々白神岳は楽しめますが、天気に恵まれた時のこの時期の白神岳は格別です。
 登り、蟶山まで1時間55分、大峰分岐まで3時間40j分、山頂まで4時間
 下り、蟶山まで2時間10分、車まで3時間25分、山行時間は7時間25分でした。
 、



国道から見た白神岳のシルエットが美しい
CIMG4929.jpg



遠く白神岳が見える白神川林道工事現場入り口に駐車
CIMG4931.jpg



朝日が差しこむブナ林にトレースが続く
CIMG4943.jpg



タロンペさんと蟶山で合流
CIMG4953_2017030117525041a.jpg



ブナ林の向こうは真っ青
CIMG4968.jpg



標高1000m付近のブナの樹氷
CIMG4979_20170301175315203.jpg



樹氷の向こうに稜線への急登
CIMG4986.jpg



大峰岳への稜線
CIMG5003.jpg



夢中で写真を撮る私(タロンペさん撮影)
P2280048.jpg



足を踏み入れて申し訳ない!
CIMG5010_20170301175319a62.jpg



日本海をバックに稜線への急登を登るタロンペさん
CIMG5016.jpg



急登から見えた白神岳山頂方面
CIMG5029.jpg



今回も向白神岳、岩木山がお出迎え
CIMG5034.jpg



山頂をめざすタロンペさん
CIMG5042_20170301175520b26.jpg



雪に埋もれた避難小屋
CIMG5046.jpg



向白神岳(左)と岩木山(右)をバックに久しぶりのツーショット
CIMG5052.jpg



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG5053.jpg



藤里駒ケ岳(奥)と小岳(手前)
CIMG5065_20170301175550d1d.jpg



二ツ森
CIMG5066.jpg



秋田から来た登山者と会話(タロンペさん撮影)
P2280078.jpg



樹氷の中を下るタロンペさん
CIMG5076.jpg



青空は下山時も
CIMG5098.jpg



タロンペさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/



悪天で蟶山まで

2017年 2月16日    単独行

 2月の白神岳山頂を踏む目的で、白神岳を目指しましたが・・・・・。
 5時20分、真っ暗な中を能代出発。星が見えないのが気にかかる。いつもの通り昼食を調達し、黒崎登山口を目指す。国道から白神岳がくっきり見える。期待できそう。国道から歩くことを覚悟していたが、林道が除雪されている。やっと車が一台通れるだけの幅だが、工事中の白神川への林道入口まで。数日前に除雪ばかりのようだ。ラッキーである。林道には80cmほどの積雪。スノーシューを履いて、7時出発。気温3度、上空は明るい。30cmほど埋まる締まった重い雪。駐車場を過ぎ、30分ほどで記帳所着。登山届を出すために、雪で覆われた扉を開ける。1月18日の私の記帳の後、2月2日に登った人がいる。天気はどうだったかな?などと思いながら、ブナ林に入る。冬道入口に着く8時ごろから雨が降り出す。急登のヤブは雪に押しつぶされているが、雪が深く重い。次第に南からの冷たい風。そしてガス。予想以上の悪天に気持ちが折れそう。とりあえず蟶山までと先を急ぐ。9時55分ガスに覆われた蟶山着。雨はみぞれに変わり、ウェアがびっしょり。冷たい南からの強風、周囲は深いガス。上空はどんよりした雲。山頂方面の不気味なシルエットが「今日は登るな!」と言っている。残念だが下山することに。毎年、この時期に1回引き返しているなあと思い出しながら一気に下る。50分ほどで冬道入口、11時20分記帳所、12時前には駐車した白神川への林道入口着。国道から見上げた白神岳は黒い雲に覆われている。物足りなさと空しい気持ちを抱えて帰途につく。
 早すぎる帰宅に、もう少し粘ってもよかったかなあと思う山行でした。
 登り、記帳所まで30分、冬道入口まで1時間、蟶山まで2時間55分、
 下り、蟶山から冬道入口まで45分、記帳所まで1時間10分、白神川林道入口まで1時間45分,,山行時間は4時間50分でした。
 
 


白神川への林道入口に駐車
CIMG4897.jpg



林道の奥に白神岳の稜線が見えたのですが・・・・。
CIMG4898.jpg



やっと記帳所の中に入る
CIMG4902.jpg



細いブナが広がる蟶山への尾根
CIMG4907.jpg



次第にガスに覆われる
CIMG4908.jpg



蟶山周辺は深いガス
CIMG4912.jpg



みぞれで濡れた蟶山の看板
CIMG4914.jpg



雪で遮られた登山道
CIMG4921.jpg
 

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
 

冬山技術講習会

 2017年2月3日~5日

 高体連登山部主催の冬山技術講習会に参加してきました。
1日目(3日)
 12時、国民宿舎森吉山荘に集合。すごい積雪。除雪車が忙しく動き回っている。山岳部員の参加は8高校から50名ほど。女子部員も10数名。13時の開講式が終わると早速雪上でのテントの設営。テン場の駐車場は2mの積雪。足を踏み入れると70cmほど埋まる深雪。雪面を踏み固め、最初に講師のショウスケさんの指導で模範設営。終了後、各パーティで設営に入る。深雪に苦労するが、今夜宿泊することから快適さを求めてみんな一生懸命。2時間ほどかかって完成。ゾンデ、ビーコンの使用方法を学び、16時から天気図作成。炊事、食事をして初日の講習を終える。
2日目(4日)
 午前8時40分、気温マイナス3度、曇り空の中、森吉山荘前を一列の隊で出発。ガイドのFさんの誘導で、数名のスキー隊の後をワカン隊が続く。顧問を含めると70人ほど。数十mの隊列は壮観。ワカン隊のトップは、膝から腰までのラッセル。50歩すすんだら交代のローテーションで距離を稼ぐ。15分ほど林道を進み、西ノ又コースの尾根の突端から杉林に入る。さらに雪が深くなり、トップはきつい。交代するように話しても、部員が頑張るがんばる。10時10分、足元の悪い杉林をぬけ、送電線の鉄塔の下、広々とした尾根に到着。曇り空、小雪が舞うことも。ここからはなだらかな登り。左がブナ林、右がカラ松林の気持ちのよい尾根歩き。時折青空も顔を出して最高。2回ほど読図して544.0m三角点脇を通過し、11時40分594m標高点に到着。昼食後、講師のFさんより弱層テストの方法を学ぶ。部員も積極的に参加している。13時10分登ってきた道を戻る。幅1mほどの立派な道ができている。一気に下って、14時30分全員無事森吉山荘着。15時から講師のショウスケさんから装備のお話、Fさんから冬山の魅力とクマのお話がある。炊事、食事で無事2日目終了。
3日目(5日)
 8時45分より2日前に作成した天気図の解説。9時より閉講式を行い、3日間の講習会が終了。
 久しぶりに冬山技術講習会に同行しました。若い登山部員をうらやましく思いながら、元気をもらいました。
 登り、森吉山荘から594m標高点まで3時間、下り1時間20分、山行時間は5時間50分でした。
 



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平湖」
IMG_20170206_0001.jpg


開講式
CIMG4774.jpg



テントの模範設営
CIMG4777.jpg



張りあがったテント
CIMG4782.jpg



ゾンデ、ビーコンの説明
CIMG4785.jpg



2日目、最初は除雪した林道を進む
CIMG4788.jpg



雪の林道を隊行動で進む
CIMG4792.jpg



送電線の鉄塔の下で大休止
CIMG4794.jpg



トップを行くスキー隊
CIMG4795.jpg



時折青空が顔を出す
CIMG4796.jpg



カラ松林の中を進む
CIMG4801.jpg



594m標高点で昼食
CIMG4802.jpg



弱層テストの説明をする講師のFさん
CIMG4805.jpg



スコップをたたいて弱層を探す
CIMG4809.jpg



真剣に弱層テストの説明を聞く
CIMG4810.jpg



帰りには日差しが降り注ぐ
CIMG4815.jpg



森吉山荘に帰ったら一面の青空
CIMG4820.jpg



森吉山荘の屋根に積もった雪
CIMG4829.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
  

ホワイトアウトの田代岳へ

2017年 1月26日     単独行

 天気が幾分期待できそうなこの日、今年3回目の山行で田代岳に行ってきました。
 朝食に腹持ちの良い餅を食べ、7時20分能代出発。昼食を調達し、9時20分大広手登山口着。早速準備にかかる。単独の場合はスノーシューが楽かと思い、履こうとしていたら突然隣に車が駐車。二ツ井のYさんと、今日はよい天気が期待できそうだと話し合う。スキーの準備をしているのを見て、二人行なら山スキーが楽と考え履き替える。9時50分、駐車場のわきから尾根を目指す。気温マイナス2度。雪が柔らかくひざ下ほどのラッセル。杉林をぬけ尾根に出ると日が差してくる。予想通りの好天。気持ちのよいブナ林の尾根の登り。急登はジグザグでしのぐ。振り返ってもいつも見える岩木山が見えない。次第にブナ林からダケカンバ林に変わる。ここには太いダケカンバが多い。湿原に近づくとガスが広がる。11時40分田代湿原着。周囲はガスで真っ白。何も見えない。冷たい風で手の指先が冷たい。Yさんはこの付近でスキーを楽しむとのこと。私は山頂をめざすため、ここでYさんと別れる。地図とGPSを頼りに山頂を目指すが、深いガスと冷たい強風。山頂は見えず、平坦なため方向感覚がない。恐怖を感じる。やっとドームの登りに入ると今度は膝までの深い雪。雪面が硬く、スキーを持ち上げるのに体力が消耗する。山頂まですぐのはずだが、深雪と風と恐怖で引き返したい。山頂に行ってもしようがないと自問自答。12時30分、やっと鳥居着。そのすぐ向こうにあるはずの神社が見えない。一瞬、風に吹き飛ばされたのかと。近くに行ってやっと確認。湿原から山頂まで50分を費やす。気温マイナス6度、冷たい南風、真っ白で何も見えない。神社に手を合わせ、すぐ下山。心配したトレースがもう消えている。ドームの下りでガスが晴れ、次第に視界が開ける。さっきまでの恐怖感は何だったのか。湿原に降り立つと時折青空も顔を出す。ここでシールをはがし、ゆっくりダケカンバ林を下る。左右に2本の美しいシュプール。我々の後からスキー目的で登った人がいたらしい。気持ちのよいブナ林を恐るおそる滑り下る。周囲はすっかり晴れあがっている。14時50分、大広手登山口着。私の車が一台だけ。Yさんは先に下ったらしい。
 好天を期待しての田代岳でしたが、田代湿原から山頂は予想以上の深いガスに包まれ、山頂を楽しむことができませんでした。でもブナ林では日差しもあり、気持ちよく登れました。スキーの上手な人がうらやましいですね。
 登り、田代湿原まで1時間50分、山頂まで2時間40分、
 下り、大広手登山口まで2時間20分、山行時間は5時間でした。




山瀬ダムから見た山頂方面が雲の中
CIMG4666.jpg



マシュマロのような雪の綿帽子
CIMG4673.jpg



霧氷に包まれた糸滝
CIMG4675.jpg



大広手登山口は青空
CIMG4678.jpg



出発準備のYさん
CIMG4681_20170130133905f30.jpg



気持ちのよいブナ林の登り
CIMG4684.jpg



田代湿原をめざすYさん
CIMG4686.jpg



雪面に残る数日前?のトレース
CIMG4691.jpg



田代湿原にてどこを滑るか思案するYさん
CIMG4700.jpg



やっとたどり着いた山頂の鳥居
CIMG4703.jpg



やっと見えた山頂神社
CIMG4705.jpg



下山時、湿原のガスが晴れる
CIMG4710.jpg



田代湿原に日が差す
CIMG4718.jpg



振り返ると田代岳のドーム
CIMG4739.jpg



太陽がまぶしい!
CIMG4755.jpg



田代湿原にて記念撮影
CIMG4762.jpg



下りのブナ林の天候は晴れ
CIMG4764.jpg



帰り、山瀬ダムから見える山頂部は快晴
CIMG4768.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: